最短で腹筋を割るトレーニング方法!1番大切な以外な方法とは!?

最短で腹筋を割るトレーニング方法!1番大切な以外な方法とは!?

筋トレー二ング(筋トレ)の時に気をつけてやっていることの一番は筋肉を意識してトレーニングすることです。

 

しかもそのトレーニング中にも筋肉に対し話しかけるようにして意識を高めています。
トレーニング中も意識は大事なのですが、筋肉トレーニング(筋トレ)が終わっても意識するのは大事です。

 

トレーニングが終わって筋肉トレーニング(筋トレ)でダメージを受けている(疲れている)筋肉に栄養を与えて疲労回復や筋肉肥大をしなければなりません。

 

疲労回復に対しては自分で出来るストレッチやストレッチポール(筒状の80センチぐらいの物)に寝そべる。他の人からは、スポーツマッサージや整体、ペアストレッチ(他の人から一人ではできない部分をストレッチしてもらう)をしてもらうと疲労回復になります。

 

そこで、良く使うのが粉状のプロテインです。粉状なので、身体に入る吸収率が高く筋肉に必要な栄養素が取れます。出来れば、筋肉トレーニング(筋トレ)を終えてからすぐに取るのが良いのでプロテインが良いのですが、プロテインは薬みたいで嫌という方は、低脂肪、高タンパク質の鳥のささ身をお勧めします。しかし筋肉トレーニング(筋トレ)を終えてからすぐにパサパサした鳥のささ身を食べるのは、難しいので私はプロテインをお勧めします。

 

筋肉トレーニング(筋トレ)で運動した後は栄養の次は最後の休養です。このバランスがうまくいかないと筋肉はうまく成長しません。休養はトレーニング回数に対して48時間(約2日ほど)必要です。
その時間に食べた栄養素を筋肉に吸収します。
寝ている時も出来るだけ深い眠りに入った方が良いので、目に光など入らないようにアイマスクや出来るだけ綺麗な空気の方の環境が良いので空気清浄器や加湿器などを使うと次の朝を迎える時に目覚めがスッキリします。

 

今の地球の環境も悪いのでいろいろな工夫が必要になっています。